音泉 ~ otoizumi ~

上原留美カウンセリングルーム

TELL:080-3971-5276

お1人で悩まず今すぐお電話を

  • アクセス
  • お問合せ

ブログ

ヒプノセラピー体験談③


今回は
感情がなくなってしまったCさん
(本人の承諾を頂いてます)



人から冷たくされても
何も感じません
原因を探ります


3歳のころにいきました


忙しく家事をするお母さん
構ってくれるのをCさんは
待っています


寂しい


そして
お母さんは来ません


放ったらかしです


何故なのか
お母さんに聞いてみました


「仕方がない
忙しいから


この子をみても何も感じない


可愛いとも思わない
可愛くないとも思わない」


驚いたことにCさんのお母さんも
感情がないのです


お母さんの幼少期を聞いてみました


「小さいころから
働いていた
大人の代わりをさせられていた」


きっとお母さんも
誰にも甘えてこなかった


構ってもらえず
役割だけをこなす毎日
を過ごしていくうちに


繊細な子供の心は
いつしか
感情を閉じ込め


傷つかない様に
自分を守ってきたのだと感じました


その事を知った
Cさんは

自分はお母さんに
嫌われていなかった
そういう人だったんだ


と納得していました

私は思わずCさんに


「あなたは今、
看護士という
素晴らしい仕事をしている。


寂しかった幼少期を
乗り越えて
ちゃんと歩いている。


誰もあなたみたいには
なれない、あなたって
本当に凄い人なんだよ

そんな自分に誇りを持って!
そんなあなたが傷付けられて
いいはずない!


嫌な事は嫌だって言って
自分を守るんだよ!


ここまで
辛いことを乗り越えてきた
あなただよ、


自分て凄いな!って
思わないと!」

そして
Cさんは泣きました


ずっと誰かに認めて
欲しかった、と。


やっと人間らしい感情が
顔を出して
私も嬉しかったです
(((o(*゚▽゚*)o)))


帰り際
「とっても軽くなった!」


と晴れやかな顔でCさんは
帰っていきました
(^。^)

音泉 ~ otoizumi

上原留美カウンセリングルーム

お1人で悩まず今すぐお電話を

※セッション中はお電話に出られません、ご了承ください。